富士フイルム「X-T30 II」を発表!フラッグシップのX-T4と同等の撮影性能に!?

富士フイルムは9月2日に開催した「X Summit PRIME 2021」で、APSーCセンサー搭載のミラーレスカメラ「X-T30 II」を発表しました。

2019年3月に「X-T30」が発売されたが、今回の「X-T30 II」はソフトウェア面を強化したアップグレード版となります。

ただのアップグレード版ではなく、2020年4月に発売されたフラッグシップミラーレス「X-T4」と同等の撮影性能を備えるというから驚きですね!

商品名FUJIFILM X-T30 II
レンズマウントFUJIFILM Xマウント
発売日2021年11月予定
価格ボディ単体 10万8,900円
レンズキット 12万1,000円
撮像素子23.5mm×15.6mm (APS-Cサイズ)
X-Trans CMOS 4センサー
有効画素数約2610万画素
画像処理エンジンX-Processor 4
センサークリーニング圧電素子による超音波方式
記録メディアSD 〜2GB
SDHC 〜32GB
SDWC 〜2TB
UHS-I対応
ISO160〜12800
シャッター形式電磁制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
メカニカルシャッター4秒〜1/4000秒
電子シャッター4秒〜1/32000秒
フォーカスモードシングルAF
コンティニュアスAF
MF (リング回転式)
AF方式インテリジェントハイブリッドAF (TTLコントラストAF / 位相差AF)
顔・瞳検出
フラッシュ内臓フラッシュ
手動ポップアップ式
TTL調香フラッシュ
ファインダー0.39型有機ELファインダー
約236万ドット
アイセンサー付き
液晶モニター3.0型チルト式タッチパネル付きTFTカラー液晶モニター
ドット数 約162万ドット
フィルムシミュレーション18モード搭載
※ノスタルジックネガは非搭載
バッテリー充電式バッテリーNP-W126S
実働時間静止画:約390枚
実撮影寿命:4K/FullHD 約45分
連続撮影寿命:4K 約60分
       FullHD 約75分
サイズ幅×高×奥
118.4×82.8×46.8mm
重量約378g
バッテリー、SD含む

約329g
バッテリーSD含まず
動作環境温度: 0℃~+40℃
湿度: 10%~80%(結露しないこと)
起動時間約0.4秒
付属品充電式バッテリーNP-W126S
専用USBケーブル
ショルダーストラップ
ボディーキャップ
使用説明書
保証書一式

より詳細なスペックが知りたい方はコチラから。

X-T4の特徴であるボディ内手ぶれ補正は「X-T30」と同様に搭載されませんでした。

さすがにそこまで盛り込んでしまうと、フラッグシップとの差別化ができなくなってしまうので予想通りですね。

X-T4の詳細なスペックはコチラの記事で。
  

目次

外観

ちょっと前まではブラックがデフォルトでしたが、今はシルバーがデフォルトになりつつあるのかな?

メタリック感があり、チープさを感じさせないデザインはさすが富士フイルムですね!

最新カメラ情報はコチラ!

     

最新情報をチェックしよう!