富士フイルム「X-S10」は、2600万画素X-Transセンサーを搭載!?

※10月15日に正式に「FUJIFILM X-S10」が発表されました。

Fuji Rumorsに富士フイルム「X-S10」のセンサーについて新しい情報が掲載されていました。

・「X-S10」には、2600万画素のX-Transセンサーが搭載される。

・当然のことであり、ソース元(情報源)には尋ねなかった。

・最近になり、「富士フイルムX-S10にはX-Transとベイヤーのどちらのセンサーが搭載されるのか?」と話題になっていることに気づいた。

・富士フイルム「X-S10」は「ミドルレンジ」のカメラであり、富士フイルムのすべてのミドルレンジクラスのカメラと同じく、X-Transセンサーを搭載する。

・ベイヤーセンサーを搭載しているのは、エントリーモデルで非常に手頃なFUJIFILM X-AラインとFUJIFILM X-T ***ラインだけだ。

X-Transセンサーを搭載するだろうと思っていたましたが、約10万円でボディ内手ブレ補正も搭載となると、コスパ的に大丈夫なのだろうかと考えてしまいますね。

そういったことから、ベイヤーセンサー搭載?といった憶測が浮上したのかもしれません。ですが、X-Transセンサー搭載と判明したのでこれで一安心ですね。

X-Transセンサーにボディ内手ブレ補正を搭載せずにベイヤーセンサーで搭載となると批判の声もあがりそうでしたね。

この価格設定...いいのか富士フイルム?個人的には嬉しいけど!

富士フイルム「X-S10」のまとめ記事
 

最新情報をチェックしよう!