フジノン「XF33mmF1.4 R WR」は「XF33mmF1.4 MkⅡ」でない理由。

Fuji Rumorsに、富士フイルム「XF33mm F1.4 R WR」の追加情報が掲載されていました。

最近、富士フイルムが2021年にフジノン「XF33mm F1.4 R WR」を発売するとお伝えしました。

これが待望の「XF35mm F1.4 R WR」であると言う人もいます。

次の2つの理由からそうとは言えません。

・「XF33mm F1.4」が「XF35mmF1.4MkⅡ」であるということは、次の「XF18mmF1.4」が「XF16mmF1.4MkⅡ」であるというようなものですが、そうとは言えません。

これまで、富士フイルムは既存のレンズの次のMkⅡバージョンをリリースしています。

・XC16-50mm F3.5-5.6 OIS Ⅱ

・XC50-230mm F4.5-6.7 OIS Ⅱ

・XF10-24mm F4 R OIS WR

・XF27mm F2.8 R WR

上記のすべてのMkⅡバージョンで、レンズ内部の光学式は同じままです。防塵防滴仕様の追加、光学式手ブレ補正機構の改善、絞りリングの追加など変更点があります。

・フジノン「XF35mmF1.4 R WR」は、そのパターンにはならず、「XF35mmF1.4 R」と比較して、焦点距離が僅かに異なり、その結果、光学設計も異なります。

この意見が非常に不人気なのは知っていますが、過去に書いたように富士フイルムは「XF35mmF1.4 R」を更新するべきではないと思います。私はこのレンズを所有しており、とても気にいっています。

富士フイルムが「XF35mmF1.4 MkⅡ」をリリースするとなれば、期待度は高くなるでしょう。例えば、「XF35mmF1.4」と同じサイズ、IQOSマジックを維持したいなどです。

しかし、「XF33mm F1.4」はデザインに自由があります。

光学的に完璧にし、スーパーオートフォーカスを与えたいなら、サイズを大きくして、大きなガラスと巨大なAFモーターを導入する必要があります。または、逆にサイズを小さくする場合には、デジタル画像の品質補正にさらに依存することになるでしょう。

富士フイルムがどちら選んだとしても、新しいレンズになるでしょう。それは現在の非常に愛されている「XF35mmF1.4」とは非常に異なる独自の特徴を備えています。

「XF33mm F1.4 R WR」は「XF35mmF1.4MkⅡ」であるとは誰も予想していないため、全てが可能です。

https://www.fujirumors.com/why-the-fujinon-xf33mmf1-4-r-wr-is-not-the-xf35mmf1-4-mk-ii/
最新情報をチェックしよう!