待望の望遠ズームレンズがついに!|富士フイルム「XF 70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR」

富士フイルムは1月27日の「X Summit Global 2021」でミラーレス一眼Xシリーズの交換レンズ「XF 70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR」を正式に発表しました。

35mm換算で107-457mm相当の画角で発売時期は3月を予定しており、希望小売価格は11万円(税別)。

富士フイルムはこれまでに「XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS」や赤バッチを与えられた「XF 100-400mm F4.5 5.6 R LM OIS WR」がラインナップされており、「XF 70-300mm」はその中間を埋めるレンズとなります。

XF 70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

モデル型番F4-5.6 R LM OIS WR
発売時期3月予定
希望小売価格11万円(税別)
レンズ構成12群17枚
非球体レンズ1枚
EDレンズ2枚
焦点距離70-300mm
35mm換算:107-457mm相当
画角22.9°-5.4°
最大口径比F4-5.6
最小絞りF22
絞り形式羽根枚数9枚
ステップ段差1/3ステップ(全16段)
最短撮影距離0.83m
最大撮影倍率0.33倍(W端)
サイズØ75mm x 132.5mm(W端)
Ø75mm x 205.5mm(T端)
重量580g
フィルターサイズØ67mm

ハーフマクロ相当の近接性能を携える光学設計。

テレコンにも対応し、最大914mmまでカバーするという脅威の設計、これを求めていたんです。

写真で見る「XF 70-300mm」

防塵防滴仕様となり、鏡筒に10ヶ所のシーリング処理が施されており、どんな状況でも安心して撮影に集中できますね。

まとめ

山に入り「滝」を撮るときや、動物の撮影時には望遠レンズは必須なので、こんなにも焦点距離にゆとりのあるレンズを僕は待っていた!

さらにテレコンにも対応しているのは本当に魅力的だと思う!

そこまで考えると11万円という価格は全然安いと思えてきた。

「XF 55-200mm」から本気で乗り換えを検討しているので、購入したらレビューしていくので楽しみにしていてください!

作例は公式ページから。

最新情報をチェックしよう!