富士フイルム、確実に進化した「XF 27mm F2.8 R WR」

富士フイルムは1月27日の「X Summit Global 2021」にて「XF 27mm F2.8」のリニューアル版として「XF 27mm F2.8 R WR」を正式に発表しました。

「XF 27mm F2.8 R WR」は富士フイルムのXシリーズ用の交換レンズとなり、発売時期は3月を予定しています。

2代目は「絞りリング」が搭載され、「防塵防滴仕様」となったことが大きな進化となりました。絞りリングの搭載は多くのユーザーが待ち望んでいたのではないでしょうか?

それでは、スペックをみていきましょう!

XF 27mm F2.8 R WR

モデル型番XF 27mm F2.8 R WR
発売時期3月予定
希望小売価格52,000円
レンズ構成5群7枚(非球体レンズ1枚)
焦点距離27mm
35mm換算:41mm相当
画角55.5°
最大口径比
開放絞り
F2.8
最小絞りF16
絞り形式羽根枚数7枚
ステップ段差1/3ステップ(全16段)
最短撮影距離34cm
最大撮影倍率0.1倍
防塵防滴
サイズØ62mm x 23mm
重量84g
フィルターサイズØ39mm

写真で見るXF 27mm

X-E4に装着した姿を見ると、スナップ写真にとっても最適な組み合わせですね。

「絞りリング」が搭載されたのは、本当に大きいですね。

まとめ

レンズ本体の重量が84gと軽量コンパクトでかつ価格も抑えられています。

ちなみに初代の現在のAmazon価格は新品で47,500円であるため、差額5,000円程度とグレードアップしたことを考えると破格であることがわかりますね。

スナップ専用レンズとして1本持っておきたいな。

作例は公式ページから見れます。

先日発表された「X-E4」や「X-Proシリーズ」との組み合わせて「お写ん歩」へ出かけたいですね!
 

最新情報をチェックしよう!