「X100V」の最新ファームウェアが公開!

5月11日に富士フイルムは、高級コンパクトデジタルカメラ「X100V」の最新ファームウェアが公開されました。

定期的に更新されるファームウェアはできるだけ早く更新しておくことをオススメします。

今回公開されたファームウェアの内容は以下の通りです。

FUJIFILM X100V(Ver.1.10)

「自動電源OFF温度」選択機能追加

動画撮影など連続して使用すると、カメラ本体(特にグリップ部分)が発熱により熱く感じる場合の対応として、セットアップメニューの消費電力設定の項目に、新たに「自動電源OFF温度」機能が追加されます。

使用方法の詳細は下記のWeb取説から確認下さい。
セットアップメニュー(消費電力設定)

※Ver.1.00よりファームアップした場合は、「自動電源OFF温度」の設定は従来と同じ温度で警告表示、自動電源OFFする「高」モードが選択されている。
手持ち撮影で動画など連続撮影する場合は、「標準」モードの設定に変更しておきましょう。

※アップデート後はカメラの初期設定が以下の通りになります。
・セットアップルメニューリセットを行うと「自動電源OFF温度」が「標準」モードとなります。動画撮影などで連続撮影時間を優先したい場合は、「自動電源OFF温度」を「高」モードにするといいでしょう。
・撮影メニューリセットを行うと動画モードは「FHD 30P」になります。

その他軽微な不具合を修正

ファームウェア更新手順

  • ファームウェアのバージョンを確認する
  • フォーマット済みのメモリーカードを用意する
  • ファームウェアをダウンロードしてメモリカードに保存
  • ファームウェアが記録されたメモリカードをカメラに入れてファームウェアの更新作業をする

ダウンロードページは下記のリンクの一番下にありますのでそこからダウンロードしてください。

X100V ファームウェアの更新ページ

最新情報をチェックしよう!