【富士フイルム】9月2日の「X サミット」で期待すること(富士フイルムGFX50SIIなど)とそうでないこと

少し遅れましたがFujiRumorsに富士フイルムの「Xサミット」について掲載されていました。

9月2日に発表があるとの連絡がありました。 驚くべきことに、多くのFR読者は、何が来るのか疑問に思いました。

さて、最初に、私たちの噂のセクションを定期的にチェックしましょう。

そうすれば、もうそれほど驚くことはないでしょう。

次に、9月2日に何が来るのか、何が確実に来ないのかについての要約があります。

https://www.fujirumors.com/fujifilm-announcement-september-2-what-we-expect-fujifilm-gfx50sii-and-more-and-what-not/

下記にFujiRomorsが期待しているもの、そうでないものを記載していきます。

期待できるもの

何が来るの?

さて、これが私たちが確信できることです

  • 富士フイルムGFX50SII
  • フジノンGF35-70mmF4.5-5.6

これら2つについて言えば、FujiRumorsはすでにすべての最も重要な仕様を漏らしているので、それほど驚くことはありません。

ほかに何が来るのか?

しかし、もっとあるでしょうか?

さて、2021/2022の噂のタイムラインを見てきましたが、2021年に噂されたギアがまだいくつかあります。

  • フジノンXF33mmF1.4

富士フイルムが9月2日をGFXの発表と一緒に発表するか、サミット終了後に「フジノンXF33mmF1.4」を個別に発表することで注目度を集めるのかを見極める必要があります。

期待できないもの

富士フイルムX-H2に戸惑う理由はわかります。様々な噂が散見していましたが真実はこうです。

富士フイルムX-H2は2022年に来るでしょう。

また、XF150-600mmも2022年に発売されるでしょう。

9月2日に発売されるのかとよく聞かれましたが、2022年に発売予定とのことで、9月2日に発表される言う噂には驚きました。

      

「Xサミット」が発表された時、個人的に「X-H2」が発表されるのかと期待しましたが、あと一年の辛抱ですね。

150−600mmの価格も気になりますが、取り回しのしやすさも気になりますね。一体どれだけのサイズになるだろう?

最新カメラ情報の記事はコチラ!

最新情報をチェックしよう!