【バイク】TW225に「T-REV」を取り付け!工賃や作業時間、乗り心地などレビュー

どうもけすけ(@keeesk7)です。

  • エンジンブレーキが強すぎる
  • シフトチェンジをマイルドにしたい
  • もっとエンジンを気持ちよく回したい

愛車にこんなお悩みを抱えている人はいらっしゃいませんか?

そんな悩みを解決してくれるのが寺本自動車商会から販売されている「T-REV」。

メーカーさんが直接取り付けてくれるイベントが2りんかんで行われていたので、遊びに行ってきました!

今回の記事は、本体の値段や工賃、作業時間とTW225Eの乗り心地がどれくらい変わったのかレビューをしていきます。

そもそも「T-REV」とは?

聞いたことがあるけど、よーわからん。

正直僕もそんな感じです。

メーカーさんのホームページからの引用です。

レシプロエンジンはピストンの往復スライダー運動を伴うので、例えば単気筒エンジンではピストンが最も上がった時とピストンが最も下がった時ではクランクケース内部の体積が排気量分増減してしまいます。また、レシプロエンジンではピストンとシリンダーの隙間からブローバイガスが流入するので、これらの体積変化を逃がす為に現代のエンジンにはブローバイラインが必ず標準装備されています。
ピストンの上下運動に連動してクランクケース内の空気は動かされます。つまり、ピストン下降時はブローバイラインから排出され、ピストン上昇時にはブローバイランから空気を吸引する事でエンジン稼働中はブローバイラインの先端では脈動現象が起きています。
T-REVはこの脈動が起きているブローバイラインに割り込ませピストン上昇時の空気の逆流を防ぎ負圧状態に変化させてます。
負圧になると言う事はクランクケース内部に残された空気密度が減少する事を意味しています。クランクケース内の空気密度を下げると、エンジン稼動中にクランクケース内を激しく移動する空気重量を減少させ、回転に伴って発生する空気の攪拌抵抗を減少する事ができます。
つまり、クランクケース内圧を下げる = クランクケース内の空気密度を下げる = 空気の重さが軽いので動かしやすい = エンジン回転時の抵抗が減る、という事です。

https://www.teramoto.biz/trev2.html
https://www.teramoto.biz/trev2.htmlより引用

メーカーさんから、TW225Eの単気筒エンジンでは、「T-REV」の効果が得られやすいのでぜひ楽しんでくださいと親切に説明してもらえました。

お値段と工賃

T-REV TW225E
カラーは6色展開

TW225E用のT-REVは税込28,600円。
(リードバルブ:0.07mm、差込径:IN/OUT φ12mm)

以前に、2りんかんで見積もりを出してもらってて、2りんかんの工賃は約11,000円

イベント当日、メーカーさんに取り付けをしてもらうと工賃は通常価格2,000円からイベント特典で半額の1,000円に!

メーカーと販売店で工賃に差が出るのは理解できますが、差額が10,000円というのはさすがにちょっと…ね…

作業時間

作業時間は会計を並んでいる間の10分程度の時間で終了しました。
   

TW225E  T-REV取付
タップで拡大

どこに「T-REV」を取り付けたかわかりますか?
   

TW225E  T-REV取付
タップで拡大

ここです!
   

サビや塗装剥げが恥ずかしい…

しつこいようですが、所要時間10分で工賃10,000円の差額はやっぱり考えものですね。

乗り心地は変わった?

20kmほどの街乗り〜少し広い道を走っての体感レビューです。

乗り始めて20mという短距離の間に、すぐに違いを体感できました!

ホントすぐに体感できたのには驚きました。まさしく職人の一品ですね。

TW220、TW225乗りの方の中で、乗り心地を少しでも良くしたいと思っている人は「T-REV」オススメです!

少し細かくレビューしていきます。

エンジンブレーキがマイルドに!

これが最大のメリットです。

3速→2速、2速→1速へシフトダウンした時のエンジンブレーキがかなりマイルドになったのがすぐに体感できます。

シフトダウンした時のあのガクン感が軽減されたのは通勤や街乗りがメインなのでありがたい!

アクセルのON・OFFのショック軽減

低速でカーブを曲がる時のアクセルのON・OFFで生じるショックが0にはなりませんが、体感的には半分くらいにまで軽減されています。

スピードが乗っている状態で、カーブを曲がるときは「T-REV」をつける前と後では明らかに操作がしやすくなりました。

高回転での伸びが良くなった

1速での走りだしや2速で少し引っ張る時に、エンジンが悲鳴を上げますよね?

「T-REV」を取り付けてからは、エンジンが悲鳴を上げるまでの時間が伸びたように感じました。

そのため、街乗りで信号待ちの時に数mだけ前進するときの騒音やシフトチェンジの回数が減りました。

これは地味に嬉しい効果です。

デメリットは?

ライダーによってこれをメリットと捉えるか、デメリットと捉えるか分かれるところですが、強いて言えばエンジンブレーキが効きにくくなります。

咄嗟の時の急ブレーキなどは「T-REV」を取り付ける前の方が効いたかもしれません。

おわりに

個人的に「T-REV」取り付けて正解でした。

悩みが解決・軽減されたことでさらにバイクライフが快適になりました!

バイク初心者なので、パーツの値段など相場がわかっていないので「T-REV」が高いのか安いのかは正直分かりません。

そして、今回の効果が30,000円の価値があったのかと聞かれると、まだ20kmしか走っていないのでまだ分かりません。

毎日の通勤や長距離ツーリングでもっと走れば、もっと効果を体感できるかもしれないのでその時は改めて記事にしたいと思います。

バイク関連記事はコチラ!

 
最新情報をチェックしよう!