カメラ初心者がフォトコンテストに応募するべき5つの理由

大小関係なく、フォトコンテストに応募したことありますか?

SNSが普及し、スマホのカメラの性能も目まぐるしく、一眼レフやミラーレスを持っている人は増え続けています。

写真を撮っていくと、「フォトコンに応募したい!」と思う人は結構多いと思っています。

  • 写真に自信がない
  • 手続きが面倒だ
  • プロ・ハイアマチュアには勝てっこない

上記の3つが応募したいと思っても、行動に移せない人の大半の理由かと思います。

写真を始めて3年(応募したときは2年)の僕が実際に体験した『初心者のフォトコン』の結果についてお話します。

富士フィルムフォトコンテスト2018

過去に僕が応募したのは2018年の『富士フィルムフォトコンテスト』。

1950年の第1回が開催されてから今に至るまで半世紀以上の歴史を刻む国内最大級のフォトコンテストです。

アマチュアからプロに至るまで数多くのカメラマンの作品が集まります。

2018年は31,574点の作品が応募されました。すごいですね…

目指すは入賞!と言いたいところですが、カメラ仲間とダメ元で挑戦した結果、予想より良い結果でした。

結果発表

以下の2作品が一時先行通過作品に選ばれました!

兵庫の「王子動物園」。上目使いが超かわいい。
徳島になる名もなき滝。今まで撮ってきた写真の中で1、2を争う写真。

写真歴2年目の写真です。絶賛されるとは思っていません。でも少しは期待してはいました(笑)

結果発表

  • 一次選考対象作品は50%
  • 一次選考通過作品は30%
  • 二次選考通過作品は10%
  • 最終選考作品は9%

上位30%にランクインできたということです。

ありがたや~嬉しや~!

ワンポイントアドバイスがさらに写真意欲を引き立てる

有償で応募した作品の中から、1枚ランダムでワンポイントアドバイスがいただけます。

f:id:yamapiclog:20190603211337j:plain

アドバイスいただいたのは「小猿」の写真です。

定型文ではなく、1つ1つ手書きなのが嬉しかった。

SNSにいいねを頂くことはあっても、アドバイスをもらうことはないのでありがたい!

しっかりと写真を見てくれているというのがわかる内容でそれがまた嬉しく勉強になりました。

行動しないと変化は訪れない。

フォトコンにダメ元で応募した結果、思っていたより結果がよくて大満足です!それがまた写真を取る意欲にも繋がり、より一層写真を撮ることが楽しくなります。

最初は誰でも不安です。でも、行動をしないと何も変わりません。自信がないから応募しないのであれば「じゃあいつ自信がつくの?」となってしまいます。

もうね、思い切って行動したほうがいい!

自信がつくまで待つより、行動した結果自信に繋がることのほうが大いにあります。

目標を持つ!

目標を設定しそれに向かって取り組むことも大切です。

フォトコンで入賞するというものでなくても、SNSでたくさんいいね!をもらうでもいいんです。

いいね!をたくさんもらうことって難しいですよね。

いいね!をもらうためにタグをいっぱいつけるとかも1つの手段ではありますが、それではすぐに頭打ちです。

元となる『写真のクオリティを上げる!』それが最短であり、確実な手段です!

結論

自信がなくてもフォトコンテストに応募すべき5つの理由

  1. 客観的に評価してもらえる
  2. 行動する癖を身につけることができる
  3. 結果はどうあれモチベーションがあがる
  4. 目標ができる
  5. スキルが上がる

せっかく撮った写真を自宅で眠らせるのはもったいない。

一歩を踏み出す勇気それが大事!

最新情報をチェックしよう!