【バイク】無知で不器用でも簡単⁉︎バイクのスパークプラグを交換!

どうもけすけ(@keeesk7)です。

バイク(TW225)のスパークプラグを自分で交換してみました。

無知で不器用な自分が交換するのは不安しかなかったんですが、実際にやってみると簡単すぎて驚きました。

車種によって交換方法は違うので、難易度は違いますが交換の過程を写真を交えながら説明していきます。

そもそもスパークプラグとは?

ガソリン車のエンジンは燃料であるガソリンを発火させることによって動きます。スパークプラグはガソリンを着火させるライターの役目を担っているパーツで、点火プラグとも呼ばれます。
車のエンジンは、ガソリンと空気を混ぜた混合気が爆発することで動き出しますが、混合気はそれ自体で発火することができません。そこでスパークプラグが火花を飛ばしガソリンと混合気を発火させエンジンを動かすのです。

エンジン内は①「吸引」②「圧縮・点火」③「爆発・膨張」④「排気」の4つのサイクルでエンジンを動かしていますが、スパークプラグは②の「点火」の役割を受け持っています。
車のエンジンはよく「車の心臓」にたとえられますが、エンジンを発火させるスパークプラグは「エンジンの中の心臓」ともいえ、スパークプラグが正常なコンディションを保っていることが重要だということがわかりますね。

https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-spark-plug/
https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-spark-plug/より転載

実際にやってみた!

自他ともに認める不器用な僕は、こういったメンテナンス関係のことは些細なことでも全てディーラーにお任せ(丸投げ)していました。

バイクを購入してから、少しずつ自分でイジりたい衝動が沸々と湧いてきてネットで色々調べながら挑戦してみました。
   

プラグ交換前のエンジン始動の動画です。
 

TW225 プラグ交換

車種によってスパークプラグの型番が違うことすら知りませんでした。

パッと見は全部一緒に見えるから間違って注文していないかドキドキしたわ(笑)

TW225用のスパークプラグはこちら。

TW225 プラグ交換

まずはプラグキャップを外します。
 

TW225 プラグ交換

軽く引っ張るだけで簡単に外れます。

スパークプラグがニョキっと生えています。
 

TW225 プラグ交換

プラグレンチを使ってプラグを外していきます。

単純作業ですが、ラチェットハンドルがあれば楽です。

新しい工具は使ってて気持ちいい!
  

TW225 プラグ交換

プラグが外れるとこんな感じ!
  

TW225 プラグ交換
TW225 プラグ交換

いつ交換したのかはわかりませんが、予想通り真っ黒でした。

正規ディーラーや大手バイク量販店で整備されたバイクを購入するのであれば大丈夫だと思いますが、ヤフオクなどの個人売買なら交換されていないと思っておいた方がいいと思います。
     

TW225 プラグ交換

新しいプラグに交換するときのポイントは、最初は指の力だけで入れること!
  

TW225 プラグ交換

指で回らなくなってから、レンチなどを使います。

そして、一気に締めないで、グッグッグと小刻みに締めるようにしましょう!
   

TW225 プラグ交換

最後はプラグキャップをつけて終わり!

プラグキャップから少しだけ見えるプラグが綺麗で気持ちいいね!
   

プラグ交換後のエンジンスタート。

交換前後では特に違いは感じられません。

冬場だとよりわかりやすいのかもしれませんね。

実際に乗ってみての加速や燃費などの変化などまた後日記事にしていきます。

スパークプラグの交換時期は?

スパークプラグは1分間に何千回と点火しているため、非常に負荷がかかっています。劣化すれば火の飛びも悪くなり、加速や燃費、エンジン始動や排気ガスにまで影響してきます。

スパークプラグは消耗品です!

「一般プラグ」「白金プラグ」「イリジウムプラグ」のどのプラグも交換時期は共通しているようです。

四輪車15,000〜20,000km
軽自動車7,000〜10,000km
二輪車3,000〜5,000km

例外として、長寿命プラグと呼ばれるものは交換時期が大きく異なります。

四輪車〜100,000km
二輪車設定なし

1つ注意点としてイリジウムプラグ=長寿命と誤解されている人が多いみたいです。

イリジウムプラグは長寿命のものとそうでないものがあるので注意してくださいね。

やってみてわかった!

プラグ交換を経験してわかったことは、「できない」と「やらない」は違うということ。

今までメンテナンス関係は自分には「できない」と思っていました。でもそれは違ってて「できない」のではなく「やろう」としてないだけでした。

ネットやYouTubeを使えば簡単に調べられ、プラグ交換にかかった時間はたった10分!

単純な作業で小さいことかもしれませんが、今回のことががきっかけになり「もっと知りたい」、「やってみたい」と思うようになりました。

やってみて「できなかった」ことはディーラーやショップにお願いするとして、できないと決めつけずに挑戦していこうと思います。

これからはカスタム関連の記事も少しずつアップしていきます!

バイク関連記事はコチラ

最新情報をチェックしよう!