シグマからXマウントレンズが2021年に登場する!?

どうもけすけです。

Fuji Rumorsに、シグマのXマウントレンズの噂が掲載されていました。

シグマといえば、SONYやCanon、Nikonの王道のマウントレンズを作っているメーカーという印象でした。

  • 「富士フイルムの顧客は理想の顧客層ではあるが、富士フイルムはプロトコルを公開してこなかった」
  • 我々の使命はできるだけ多くのシステムをサポートすることだが、エンジニアリングリソースは限られているので、顧客の要求に応じてプロジェクトに優先順位をつける必要がある。

当初富士フイルムのトップマネージャーは以下のことを述べていました。

  • 富士フイルムはすでにたくさんのレンズを提供しているため、Xマウントプロトコルをサードパーティ製に共有する必要はない。

顧客からの要望が強くあったのか、後に富士フイルムは意見を変えてきたのである。

  • Xマウントプロトコルをサードパーティに開放する。すでにケンコー・トキナーは、Xマウントレンズを3本発表している。多くの顧客が多くのレンズを望んでおり、我々はそのニーズに応えたいと考えている。
  • シグマは公式のソーシャルメディアサービスを通じて回答している。「うまくいけば2021年にそのようなレンズが登場する。」
  • 「うまくいけば」ということなので、必ずしもという保証はない。

「うまくいけば」と言っているので、登場は来年の秋や冬くらいになるのではないかと思っています。

しかし、SONYやCanon、Nikonなど大手メーカーのマウントレンズを発売しているシグマからXマウントレンズが登場するとなると、富士フイルムにも革命が起こりますね。

間違いなく、富士フイルムもさらなる質の向上と価格パフォーマンスを示してくれるでしょう!

個人的にはシグマのArtシリーズをぜひ試してみたいのと、望遠レンズなどのラインナップを充実してほしいですね!

今後の続報に目が離せませんね!

最新情報をチェックしよう!