給付金10万円で買えるカメラはコレ!—Nikon/Canon/SONY編—

もうすぐ給付金が支給されますね。

コロナが落ち着いたらカメラデビューしようと、給付金を軍資金として考えている人もいるのではないでしょうか?

三大メーカーのNikon・Canon・SONYの中から、初心者向けに10万円前後で買えるカメラを紹介していきます。

上手に予算を組もう

カメラってお金がかかる趣味なので、なんでもかんでも買っちゃうと予算オーバーになっちゃいます。

なのでダブルズームキットがオススメです。

本体とレンズ2本で6〜8万で買えるなんて、かなりコスパは高いです。

そして、カメラを始めてしばらくすると単焦点レンズやマクロレンズ、広角レンズなど物欲がこみ上げてきます。

リーズナブルなレンズも一緒に紹介しますので、一緒に検討してみてください。

Nikon

初心者にオススメするならこのキットが本当にオススメです。

価格が1万円ほど安い「D3500」というカメラもあります。

元Nikonユーザーの僕がオススメするのはエントリーモデルである「D5600」です。

とりあえずカメラが欲しいなら「D3400」、カメラを継続できるなら「D5600」という選び方もありですね。

Canon

Canonでオススメするカメラは2つあります。

まずは今人気のミラーレス一眼「EOS Kiss M」

コンパクトで軽量で機動性はピカイチです。

続いて、一眼レフの「EOS Kiss X9i」。

少しでも価格を抑えたいと思うなら、こちらもいかがですか?

若干性能は落ちますが、同じX9シリーズなのでそこまで大きい大差はありません。

ミラーレスカメラと一眼レフカメラはレンズの形が違いますので、その点は注意が必要ですね。

「EOS Kiss M」が一眼レフの豊富なレンズを使うためには、このアダプターが必要になります。

価格は1万円くらいなので、必要であれば購入しましょう。

SONY

SONYはNikonやCanonのカメラと比較すると価格が高い傾向にあります。

なのでダブルズームレンズキットは10万円を超えてしまうのがデメリット。

SONYといえば、ミラーレスカメラ!

一眼レフではないが、SONYのコンデジは優秀なので紹介します。

今はSONYのコンデジでVlogを撮る人が増えているので、動画デビューするには持ってこいカメラですね。

コンパクトなのに、高性能!写真だけでなく、動画も撮れるので見かけによらずできるカメラです。

次のページでオススメのレンズを紹介

最新情報をチェックしよう!