給付金で買える富士フイルムのカメラ3選!

もうすぐ給付金が振り込まれる時期ですね。

給付金を気にカメラの購入を検討している人もいるのではないでしょうか?

今回、参考にしたのはみんなの防湿庫マップカメラ」さんです。

どのカメラを購入しようかと悩んでいる人にぜひ候補に入れほしいFUJIFILMのカメラを3つ紹介します。(※レンズは別)

「小さな巨人」X-T30

FUJIFILM X-T30

ミドルクラスのカメラですが、最新システムを搭載しています。

  • APS-Cセンサー「X-Trans CMOS 4」
  • 画像処理エンジン「X-Processor 4」
  • 383gという超コンパクトボディ
  • 2610万画素
  • フィルムシュミレーション「ETERNA」を搭載

まさに「小さな巨人」ですね!

 

新品で88,578円、中古で82,800円なので、どうせなら新品を買ったほうがいいかもしれませんね。

マップカメラのページはこちら

型落ちのハイエンド「X-T2」

FUJIFILM X-T2

僕が使用している「FUJIFILM X-T2」。

最新シリーズは「FUJIFILM X-T4」なので、2世代型落ちということになりますが、今でも僕のメイン機です。

  • APS-Cセンサー「X-Trans 3」
  • 画像処理エンジン「X-Processor Pro」
  • 2430万画素

 

型落ちのカメラでもまだまだ十分撮れるぞ!

「X-T2」の作例をぜひ見てください。

マップカメラの中古の美品で66,800円。

マップカメラのページはこちら

貴重なレンジファインダー「X100F」

FUJIFILM X100F

今となっては数少ないレンジファインダー式カメラ。

シリーズの第4世代目となる「X100F」。

最新型は「X100V」で1世代型落ちにはなりますが、まだまだ現役としてやっていけるカメラです。

  • APS-Cセンサー「X-Trans 3」
  • 画像処理エンジン「X-Processor Pro」
  • 2430万画素
  • 明るい単焦点レンズ

 

スナップ写真をするために生まれてきたカメラと言っても過言ではない。

デザインもさることながらもちろん機能も十二分備えているため、サブカメラ以上のポテンシャルを発揮してくれることでしょう。

マップカメラのページはこちら

富士フイルム仲間が増えたらいいなー!

自分が富士フイルムのカメラ使っているからもあって、少しでも富士フイルムユーザーが増えたらいいなと純粋に思います。

ですが、NikonやCanonと比較するとマイナー感は否めません。

万人に向けのカメラではないかもしれませんが、唯一無二のカメラであることに間違いありません。

この記事を最後まで読んでいただけれるということは、少なからず富士フイルムに興味があるということだと思います。

他の記事も良ければ読んで下さい。

最新情報をチェックしよう!