【速報】OLYMPUSがカメラ事業を売却|OM-D、PEN、ZUIKOは新会社のもと継続される模様。

6月24日にオリンパスは赤字が続く映像事業を、投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)に譲渡すると発表されました。

映像事業の主軸を担っていたのが、カメラブランドの「OM-D」「PEN」、交換式レンズブランド「ZUIKO」があり、その他にもICレコーダーの事業も含まれているとのこと。

譲渡後も、オリンパス製品のカスタマーサポートも続けていくとのこと。

オリンパスは1936年からカメラ製造を続けてきたメーカーですが、スマホやタブレットの進化によって市場が縮小し苦しい状態を強いられていました。

赤字修正のために幾多の施策を施しましたが、2018年3月以降は赤字が続いていたようです。

そして、映像事業の構造改革を行い、黒字化を見込める構造にした上で分社化されます。

日本産業パートナーズは投資ファンドであり、過去にはソニーが分社化したVAIO社の譲渡先でもありました。

譲渡されることになりましたが、かつてのVAIO社のような復活を成し遂げてほしいですね。

関連リンク

オリンパス映像事業

日本産業パートナーズ

最新情報をチェックしよう!