『Nikon Z fc』と『Nikon Z50』の外観やスペックを比較してみた!

どうもけすけ(@keeesk7)です。

夏のボーナスでカメラを買おうと思っていた人を狙ったかのように登場した「Nikon Z fc」。

クラシカルなデザインで2021年夏の注目度No.1のカメラですが、予約販売開始から2日で想定を超える受注で供給不足となってしまいました。

そこで、同じAPS-Cセンサーを搭載している「Nikon Z50」と外観やスペック、値段を比較していきます。

「Z fc」と「Z50」のどちらを購入しようかと悩んでいた人は必見です!

「Nikon Z50」単体のレビューはコチラから!
     

外観チェック

スペック比較

Nikon Z fcNikon Z50
発売日2021年7月下旬予定2019年11月22日
価格118,000円
ボティ単体
88,000円
ボディ単体
129,700円
ダブルズームキット
形式ミラーレス一眼ミラーレス一眼
センサーAPS-CAPS-C
有効画素数2088万画素2088万画素
プロセッサーEXPEED6EXPEED6
防塵防滴
ISO感度100〜51200100~51200
シャッタースピード1/4000~30秒1/4000~30秒
ファインダーEVF
電子ファインダー
EVF
電子ファインダー
ファインダー解像度0.39型XGA OLED
約236万ドット
0.39型XGA OLED
約236万ドット
測距点(位相差)209点209点
顔AF
瞳AF
高速連写速度約11コマ/秒約11コマ/秒
連続撮影回数RAW
14bit:36コマ
12bit:44コマ
RAW:35コマ
背面液晶3.0型
104万ドット
バリアングル式
3.2型
104万ドット
チルト式
タッチパネル
HDR
多重露光2~10枚
加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
2~10枚
加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
USB充電
撮影可能枚数約310枚約280枚
ボディサイズ縦:134.5
横:93.5
奥:43.5
縦:126.5
横:93.5
奥:60.0
重量(本体のみ)約445g約395g

「Z fc」は意外と割高!?

  • 「Z fc」ボディ本体:約120,000円
  • 「Z50」ボディ本体:約90,000円
  • 「Z50+ダブルズームレンズキット」:約130,000円

こうやってみるとちょっと割高よね…

もちろんスペックではわからない部分もあるでしょう。

ですが、大きくその性能に差はないと思います。

デザイン重視なら「Z fc」、コスパ重視なら「Z50」ですね。

グリップの存在

使用感で大きな差を感じるのは間違いなく「グリップの有無」だと思います。

「Nikon Z50」には深いグリップがついているので、片手でホールドしてパシャリと撮るのが容易にできます。実際に使っての感想なので間違いないです。

「Nikon Z fc」はクラシックなデザインゆえに「Z50」のようなグリップはありません。グリップがないとホールド感は落ちてしまいますが、それはあくまで「Z50」で比べてなのでカメラを使ったことがない人は気にもならないと思います!

専用の外付けグリップも発売されています。
   

手応えのあるダイヤル

ダイヤル類が天面に集まっている「Z fc」は直感的に設定を変更できるのは便利だなと率直に思いました。

1つ1つのダイヤルを回し設定してシャッターを切る楽しみを味わうことができるのは写真を長く続けるためにも大事なことですね。

使い勝手のいいディスプレイ

「Z fc」はバリアングル液晶を搭載しています。

自撮りや動画撮影には重宝しますね。

個人的にもチルト式よりもバリアングル式の方がローアングルでの撮影やカメラを構えにくいところでの撮影も重宝します。
    

最新情報をチェックしよう!