今一番オススメしたいミラーレスカメラ「Nikon Z50」をレビュー!

ミラーレス化の波が押し寄せる中、Nikonは新たにZマウントシステムを開発し、『Z7』『Z6』とフルサイズミラーレス一眼カメラが発売されました。

そして、待望のAPSーCセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ『Nikon Z50』を11月22日に登場し、売れ行きもいいようです!

カメラ業界の中で、1番熱いカメラを購入したのでファーストインプレッションをお届け!

なお、今回は外観のみのため、作例は順次持ち主(彼女)から届き次第、当ブログで紹介していきますね。

では、ナウでホットでヤングなカメラ『Nikon Z50』をどうぞ!

ファーストインプレッション

Zの文字が!
ワクワクしますね
今回購入したのはダブルズームレンズキット
Z50本体
すごくコンパクト!そして超軽量!
グリップはコンパクトではなく深さもあり持ちやすかった
赤のラインがNikonだなと思わせる
反対側は超スリム。
ファインダーはしっかりと確保されているのがよくわかります。
背面もムダを削ぎ落としたスタイル
 フルサイズは肩液晶がありますが、Z50は非搭載
これがZマウントだ!
標準ズーム
めっちゃちっちゃい
撮影時はこんな感じ
50mmまでズームしても長さがほとんどかわらず
新しいレンズはやっぱりキレイー
装着!
待機状態でもこのサイズ!
めっちゃいいじゃん!
撮影時でも全然いいじゃん!
50mmまでズームしても全然いいじゃん!
結果的に、いいじゃん!
続きまして、望遠レンズ
Dシリーズでは望遠は300mmまでありましたね
望遠レンズも撮影時は伸ばす必要があります
Dシリーズのときは伸ばさずそのまま撮影できたはず…
最大までズーム!
思ってたよりでかいぞ!
汚れが1つもなくキレイだ
装着
望遠のため、距離感が(笑)
待機状態ではまだコンパクト!
本体がコンパクトなため、レンズがすごく大きく見える。
三脚使用時はフロントヘビーとなってしまうでしょうね

三脚はこちらで記事にしていますので気になった方はチェックしてください。

望遠レンズは標準の3倍くらいの大きさですね
Dシリーズのころと比べると、標準レンズがかなりコンパクトになりました
惚れ惚れしちゃう
写真撮りに行きたいなー
背面液晶はバリアアングルではなく、チルト式で可動範囲は広め
ハイアングルもこれなら大丈夫
わかりにくいですが、背面液晶は180度可動
セルフィー撮影も可能

Nikonが作ったミラーレス一眼

目で見て、手にとって、感じたのは「小さい、そして軽い」でした。

過去にD5500を使っていましたが、『Nikon Z50』のほうが断然軽いですね。

そして、コンパクト設計で女性カメラマンやカメラの購入を検討している人すべてにオススメできるカメラでした。

普段使いであれば、まず望遠レンズは使わないでしょう。

標準レンズの使用頻度がダントツに多いと思います。

そのため、ベイビーフォトや少し大きくなったお子さんの写真を撮るなど、お子さんをメインに撮ることを考えてられている人オススメできるカメラです。

まだZマウントに対応しているレンズは多くありませんが、別売りのアダプターを装着すればFマウントレンズも使うことができますので、本腰を入れて写真をするとなっても心配ありませんね!

ファーストインプレッションの感想は率直に「いいカメラだな」でした。

気になる写りですが、それはまた後日に記事します。

最新情報をチェックしよう!