富士フイルムの小型GFX100はボディ内手ブレ補正を搭載し「GFX50S」と同様のサイズになる!?

どうもけすけです。

Fuji Rumorsに小型GFX100について追加情報が掲載されていました。
 

富士フイルムは新しいGFXを発表した。それはX-T1 IRのような赤外線カメラだ。

しばらく前からFuji Rumorsで噂しているカメラはGFX 100 IRでもなければモノクロカメラでもない。

現行のGFX100よりも小型の1億200万画素のベイヤーセンサーを搭載したカメラであり、2021年初頭に登場するだろう。

小型GFX100にはボディ内手ブレ補正は搭載されないのではないかと推測する人もいる。実際に、現行のGFX100に搭載されているボディ内手ブレ補正ユニットは小さくない。

GFX 50XやGSX 50SにGFX 100のボティ内手ブレ補正ユニットを当てはめてみても、たしかに大きすぎて入らないことがわかる。

しかし、富士フイルムはボティ内手ブレ補正ユニットの本格的な小型化に取り組んできた。

そして、読者にお伝えすることがある。

2021年初頭に発売される新しい小型GFX100にはボディ内手ブレ補正が搭載されるだろう。

これは信頼できる情報筋からの情報だ。

ここまでハッキリと言い切るのであるからして、新しい小型GFX 100にはボディ内手ブレ補正は搭載されるとみていいでしょう。

「X-S10」に搭載されているボディ内手ブレ補正ユニットの小型化に成功したことがさらに信憑性をあげてくれてますね。

そして、新しい小型GFX100のサイズ感についての噂が次になります。
 

A closer look at Fujifilm's medium format GFX concepts

信頼できる情報筋から、新しいFUJIFILM GFX100がFUJIFILM GFX50Sと同等のサイズになると聞いている。

もちろん、ボデイ内手ブレ補正を搭載していることを忘れないでほしい。

現行のGFX100の手ブレ補正ユニットがGFX50Sに適合しないことは明らかだったが、富士フイルムが短期間で小型化させたことには驚くばかりだ。

過去に「Xg」のモックアップを富士フイルムは公開している。新しいカメラがどのようなものになるかは見当はつかないが、モックアップ通りのカメラになるのであればコンパクトだ。

「X-S10」で実例があるため、本当にGFX 50Sサイズにも適合するボディ内手ブレ補正を完成させたのかもしれませんね。

フルサイズではもはやデフォルトとなったボディ内手ブレ補正ですが、中判カメラではまだ貴重な機能。

これが、新しいユーザーの獲得につながれば言うことなしですね。

 https://vogue47.com/new-gfx100-name-gfx100s

最新情報をチェックしよう!