日本に数ヵ所しかない下り宮 その理由は○○のためだった!?|兵庫県豊岡「山神社」 

どうもけすけ(@keeesk7)です。

「日本三大下り宮」と呼ばれる全国的に珍しい神社を皆さんご存知でしょうか?

本来、鳥居をくぐり石段を登って参拝するため、本殿は鳥居よりも高い位置にあります。

しかし、下り宮はその逆で鳥居をくぐりそのまま石段を下るため、本殿は鳥居よりも下にあることになります。神様を下に祀るという不思議な作りであり、その理由は諸説あります。

今回は、兵庫県豊岡市にある下り宮「山神社」までツーリングへ行ってきました。

高速道路の走行レビューはコチラから。
  

苔が茂っており、下り宮という不思議な形式と相まって独特な雰囲気のある神社でした。

山神社

兵庫県 下り宮 山神社

まずは長距離を走り終えてパシャリ!

お決まりの構図ですね。でも、嫌いじゃない(笑)
 

兵庫県 下り宮 山神社

これが下り宮の鳥居。

鳥居をくぐるとそこは苔で満たされた世界が広がっていました。
    

兵庫県 下り宮 山神社

下り宮の石段。

人があまり訪れていないのか均等に石段が苔が生い茂っています。
     

兵庫県 下り宮 山神社

鳥居だけを見ると小ぢんまりとした印象を受けますが、石段を降りると広い境内が緑で満たされています。
   

兵庫県 下り宮 山神社

「山神社」はけして大きな神社ではありませんが、それ故に独特な雰囲気を感じさせます。
   

兵庫県 下り宮 山神社

【御利益】
木の神、リフレッシュ、祈雨・天候

特殊行事として、祈雨祭(雨乞祭)があります。干ばつで農作業に支障をきたした年に行われます。記録では昭和53年に祈雨祭が行われています。
     

兵庫県 下り宮 山神社
兵庫県 下り宮 山神社
兵庫県 下り宮 山神社

社殿と拝殿。
    

稲荷社。
  

兵庫県 下り宮 山神社

舗装はされていませんが、近くまで降りるための車道はあります。

満足のいく良い写真が撮れました!

スマホで撮影。最近のスマホのカメラの性能には驚かされます。

本日のベストショット

「山神社」の神秘的な雰囲気を現した1枚。

日本の各地を探してもこれほど苔が生い茂った神社はないと思います。
      

相棒の「TW225」と「山神社」。

バイクに乗り始めてから、バイクが映えるスポットを探すのも楽しみの1つ。

下り宮の本当の理由は○○だった!?

下り宮は日本を探してもかなり珍しいです。

家の神棚ですら高い位置にあるというのに、神様を低いところに祀るのは、なにか大きな意味があると考えられます。

いくつかの説を紹介します。

下り宮は神の封印?

権力や領地を広げるために、他国の領地を奪うために戦が繰り広げられていました。

国ごとに信仰している神は違いはもちろんあり、戦を制し領地を奪いとった敵地の神を称えたくないということももちろんあったでしょう。

しかし、神への信仰を無下にし、万が一「祟り神」になってしまっては困るため、神を怒らせないように丁重に祀りはするが、封印したいという意図もあり下り宮になったという説。

地形による影響

今回紹介した「山神社」のすぐ隣には川が流れておりそれが関係しているのかもしれません。

御利益は「祈雨・天候」と水に由来しており、特殊行事として「祈雨祭(雨乞祭)」が行われており、川に近い場所に祀るために下り宮の形式となったのではないでしょうか?

これは説でもなんでもなく、個人的な考えですので信憑性は0です。

考えるって面白い。

なにも考えずに参拝するのと、疑問をもって地形や歴史、祀られている神様のことを調べて参拝するのは楽しかったです。

それに、御利益も得られやすそうですしね(笑)

周辺の写真スポット

「山神社」の近くには、自然の写真スポットがたくさんあり、それを巡るのもいいと思います。

山に囲まれているため、水がとても綺麗で有名な滝がたくさんあります。

その中でも道の駅 神鍋高原の近くにある「八反の滝」はオススメです!
 

これから夏本番!

日頃の疲れた心身を癒やすために、滝から溢れるマイナスイオンを全身に浴びてリフレッシュしに行ってみて下さい!

写真スポットの記事はコチラ!

使用したカメラ

カメラ:富士フイルム X100V
    スマホ LG Velvet

最新情報をチェックしよう!