癒やしを求める人へ。京都唯一の日本の滝百選『金引の滝』。

突然ですが、あなたにとって大事な場所ってありますか?

僕にはあります!人生が変わったスポットが。

京都の観光スポットの中でも、意外と知られていないオススメしたいスポット。

日本の滝百選に選定されている「金引の滝」。

僕が写真を始めるきっかけとなったスポットでもあるため、真心こめて書きます!

ぜひ最後までお付き合いください!

写真は2ページから!

天橋立に行くなら必ず行くべし!

『金引の滝』は天橋立から車で10分の場所にありますので、観光ルートに組み込んで損なしです。

少し住宅街を進むと駐車場が見えてきます。道標がたくさんありますので迷うことはまずありません。

山奥に行くわけではないので、ハードルも低く一見の価値大アリです!

天橋立の記事もぜひ見てください!

日本の滝百選?

日本の各都道府県には「日本の滝百選」と呼ばれる滝があります。

京都府で選定されている滝は「金引の滝」だけです。

パワースポットとしてもオススメできる隠れスポット。

総落差40m、幅は約20mとそれほど大きい滝ではありません。

迫力より静けさという言葉が似合う滝です。

静けさ=ショボいではないので、勘違いしないでくださいね!

周囲は緑があり、水も澄んでいて、マイナスイオンに満たされ、強力なパワースポットです!

カメラを始めるきっかけとなった滝

写真は2ページから!

個人的にな話になるんですけど、「金引の滝」は僕が写真を始めるきっかけとなった場所なんです。

彼女と城崎旅行に行った帰りに偶然見つけた「金引の滝」の看板。

「面白そう」という理由で立ち寄りました。それが、今後の僕の人生を大きく変えるとは思いもよりません。

彼女は当時「OLYMPUS PEN」を使っていましたが、僕は写真に全く興味がありませんでした。普段からスマホで写真すら撮らないくらいでした。

そんな僕が、今では写真・カメラ関連のブログを運営しているとは、人生何があるかわかりませんね(笑)

当時は、「スマホでもカメラでも変わらんだろ。プロが撮るから綺麗に撮れるんだよ。」

なんてことをずっと思っていましたが、その考えは一気に覆されました。

滝壺へ打たれる滝水をスマホとカメラで撮り比較すると、その差に驚愕しました。感動ももちろんありましたが、その反面なぜか負けたという感情が大きかったです。

その日から、僕の写真・カメラに興味を持ち始め加速していきます。

2週間後にはAmazonで「Nikon D5500 ダブルズームキット」(当時約9万)をポチっていました。相当悔しかったんでしょうね(笑)

カメラに興味を持ち、生涯の目標が生まれる。

あの日、自分の世界観が、価値観が覆された日から1つの目標が生まれました。

「死ぬまでに、全ての日本の滝百選を巡って写真を撮る!」

写真・カメラを趣味にしている自分にとっては、これ以上ない目標です。

今後、また違う目標ができるかもしれませんが、今はこれは僕の『生涯の目標』です。

次のページ:「金引の滝」を写真で紹介!

最新情報をチェックしよう!