【SNS攻略術】2週間でフォロワーを増やす方法!

  • 2021-07-24
  • OTHER
  • 175view
  • 0件

どうもけすけ(@keeesk7)です。

インスタを本格的に再始動して、1週間で100人近くの方にインスタをフォローしていただけました!
    

カメラが趣味で特にジャンルを絞らずにインスタ投稿をしていたのですが、思っているように伸びずに放置状態に。
    

バイクを購入したことがきっかけでインスタ熱が再燃。中途半端にせず、ダメ元で本気でやってみた結果、1週間で100人近くのフォローしていただけました!


放置時はフォロワーは200人を少し超えるくらいで、2ヶ月で500人を突破するというこれまでの経過から考えると驚異的なスピードで成長しています。
   

本格的にインスタを再開したのは、6月からなので約2ヶ月で300人近くの人にフォローしてもらったことになります
   

では、どうやってそんなにもフォロワーが急増したのかを自分の考察も踏まえてお話していきます。
    

この方法は、インスタだけでなく他のSNSでも共通なのでぜひ参考にしてください。

追記:最新の運営報告日はコチラの記事で!

7/11〜24日のフォロワー数の変化

記事作成時のインスタのアカウントは以下の通りです。
 

次は11日~24日までの約2週間のフォロワー数とフォロー数の変化を表にしました。
   

フォロワーフォロー
7/11418687
7/12427697
7/13445721
7/14460733
7/15479745
7/16492745
7/17501756
7/18523778
7/19531786
7/20543803
7/21560821
7/22576844
7/23597846
7/24602846

データを取り始めてから約2週間で200人近くの人からフォローをしていただけました!
    

まだ日によってバラつきがありますが、投稿をしない日でも10人以上の人にフォローしてもらってます。
   

短期間で変化を出すために実践したことをすべて紹介していきます。
   

ターゲットを決める

まず最初に、闇雲に「いいね」や「フォロー」をしててもダメ!
    

フォロワーを増やす目的は色々あると思いますが、僕は自分と似ているアカウントの人にアプローチをすることを徹底しました。
    

僕の場合は、インスタ復活はバイクを購入したからなので、バイク系アカウントの方に絞ってアプローチをしました。
    

例えば、同じバイクに乗っているアカウントや、系統が似ているバイクに乗っているアカウントのように趣味嗜好が近い人の方が親近感が湧きやすいと思ったからです。

タグのトップ表示を目指そう!

SNSをしている人なら当たり前に使っているタグですが、ちゃんと有効活用できてますか?
    

「#写真好きな人と繋がりたい」「#ファインダー越しの私の世界」など王道のタグだけで終わっていませんか?
   

人気タグではありますが、競合が多すぎるためハードル高く狙ってトップ表示するのは非常に困難です。
    

その理由は、どの写真でも使える便利なタグなので、記事作成時で総投稿数が4,239万もあり投稿してもすぐに新しい投稿に埋もれてしまいます。
     

もちろん人気タグでトップ画面表示されると一気にバズります。しかし、これほど競合が多いタグで勝負するのは利口とは言えないでしょう。
     

投稿数が1000~1万件、もしくは1万~5万件くらいの競合率が比較的低めのタグに狙って投稿すればトップ画面に表示されやすくなります。
    

赤枠で囲ったのが僕の投稿です。
    

時間が経過してもトップ表示されていると人の目に触れる時間が増えるので、それだけ「いいね」や「フォロー」をもらいやすくなります。
     

トップ表示されている間は、通知が頻回に鳴ります。これが嬉しい(笑)

トップ表示される条件

正直わかりません…

僕の印象ですが、過去の投稿が反映されていると思います。
    

トップ画面に表示されている複数のアカウントを分析すると、トップ画面に表示されている投稿と同じような投稿が過去に多くされていました。
     

バイク写真を投稿し始めた頃は、トップ画面に表示されることはありませんでした。その後も継続的に投稿していると、急にトップ表示されるようになったんです!
    

なので、ある程度ジャンルを絞って投稿したほうがいいでしょう。
   

※あくまで個人的な憶測です。

似ているアカウントにアプローチする

当たり前のことですが、受け身ではダメ!
   

自分をゴリゴリにアピールするのです!アクションを起こさないと気づいてもらえません。気づいてもらうことがSNS攻略の第一歩と言っても過言ではありません。
   

自分の興味の全くないジャンルのアカウントからアクションがあっても特に何も思わないでしょ?
    

闇雲に「フォロー」や「いいね」をするのは、無駄とはいいませんが効率は良くないです。
   

自分に置き換えてやってみるのが気づきがあってわかりやすいと思います。

いいねやフォローする最適な時間を知る

厳密にこの時間帯がいいと立証されているわけではありませんが、僕が実践して導き出した年齢別の時間割を解説していきます
       

朝一はゴールデンタイム

僕は6:00~7:30に「新規投稿」や「いいね」と「フォロー」をするようにしています。
    

学生でも社会人も1日のスタートは同じ時間帯なので、朝起きた直後や朝食後、通勤・通学の電車の時間帯はスマホを必ず見ているので「いいね返し率」や「フォロー返し率」が高くなります。
     

自分の都合のいい時間に行動しているだけでは思うような効果が得られにくいので、相手の行動も予測して行動してみましょう。

昼休憩の12:00

休憩時間も狙い目です。学生も社会人も昼休憩はだいたい12時です。
  

休憩時間になったら一番最初になにをしますか?
    

そう!スマホを触りますよね?
   

なので、スマホを触った時にあなたの通知があると「いいね返し」や「フォロー返し」をしてもらえる確率が高くなります。

16:00~18:00も狙い目

学生をターゲットにするなら16時前後、社会人をターゲットにするならアフター5を狙うといいでしょう!
   

学校の終わり、仕事の終わりなど区切りのいい時間帯は「いいね返し」や「フォロー返し」を得られやすいので、アプローチする相手の年齢相を把握するといいですね。

就寝前の23:00~24:00

この時間もゴールデンタイムです!
    

寝る前の1時間はスマホを見ながらダラダラしている確率が非常に高いため、1日の「いいね返し」「フォロー返し」をまとめてする人も結構いらっしゃいます。
     

そこを狙ってアクションを起こすもいいでしょう!

何で撮ったかは重要じゃない!

「スマホの写真は画質が悪い」「一眼レフで撮った写真のほうがいい!」という考えは捨てましょうね。
     

最近のスマホの性能が高すぎて、状況によっては一眼レフをも上回る写真を撮ることが可能なっています。
     

カメラよりも断然コンパクトで写真加工アプリも豊富で、一眼レフやミラーレスよりも気軽に写真を撮ってSNSに容易に投稿することができます。

SNSに投稿された写真がスマホで撮ったものなのか、一眼レフ・ミラーレスで撮ったものなのかなんて誰にもわかりません。
     

100万円のカメラとレンズで撮った写真よりも、スマホで撮った何気ない写真のほうが好きだという人もいます。
      

人の感性は十人十色なので、自分の価値観を押し付けるのではなく、自分と合う人と繋がっていきましょう!
     

SNSという相手の顔が見えない世界でも、誰でも構わずアプローチしているのは気づかれてしまうものです。

さいごに

この記事で書いたことは僕が実践して得た経験談での話なので確実なものでありません。
    

書いてあることを1つか2つ意識して実践するだけでも絶対変化はでます!ここから先は努力次第です。あとは運です(笑)
      

考えながら行動していると、今まで気づかなかったことに気づくことができることがあります。それを見落とさずに行動に移せたらそこからは自分のやり方を構築していくだけです。
      

SNSのフォロワーを増やすためにこんなにもしないとダメなの?と思うかもしれませんが、当たり前にできるようになれば後々楽になるので最初だけ頑張ってみませんか?
   

最後まで読んでもらいありがとうございました。
   

無言フォロー大歓迎ですので、よければフォローしてもらえれば嬉しいです。
     

↓僕のSNSのアカウントはコチラ↓

インスタグラム

ツイッター

最新情報をチェックしよう!