富士フイルム「GFX100S」はPSAMダイヤル、肩液晶を搭載する!?

Fuji Rumorsに富士フイルム「GFX100S」について最新情報が掲載されていました。

Fujifilm GFX100Sについてもう少し詳しく説明しましょう。

私たちの情報によるとFujifilmGFX100Sは次のように想像できます。

・GFX50Sのように背面モニターは突き出ていない

・左上面にはPSAMダイヤルしかない

・十字キーなし

・ジョイスティックあり

・肩液晶あり

・ビューファインダーは固定式

・EVFチルトアダプターによりチルトも可能

 

すてでに共有している情報を追加しましょう。

 

・富士フイルム「GFX 100S」

・富士フイルム「GFX 50S」より少し小さい

・1億200万画素のベイヤーセンサー

・全面位相差検出対応の裏面照射型センサー

・3Wayチルトモニター

・ボディ内手ブレ補正搭載

・1月27日に発表

・価格は5,999ドル

 

富士フイルムGFX100SはPSAMダイヤルを備えた最初のGFXとなる。

市場はPSAMダイヤルを望んでおり、私もそれを理解しています。富士フイルムがハイエンド市場で勝ちたいのであれば、PSAMダイヤル付きのGFSカメラを提供する以外に選択肢はありません。GFXの人気を高めるのに役に立つだろう。

https://www.fujirumors.com/fujifilm-gfx100s-explained-fixed-evf-only-one-top-dial-psam-no-d-pad-top-lcd-no-humpback-and-more/

GFX100Sは本体だけで日本円にして622,936円になるようです。中版カメラとなると価格は跳ね上がりますね。

いつかは所有してみたいとか言うてたけどいつになることやら(汗)

富士フイルムといえば、PSAMダイヤルがないイメージが強かったですが、先日発売された「X-S10」にもPSAMダイヤルが搭載されており、今後はこの路線でいくのでしょうか?

入門機としては、従来の方式では少し敷居が高かったのも事実なので市場に受け入れられるでしょうね。

富士ユーザーが増えることは嬉しいことですね!
 

最新情報をチェックしよう!