富士フイルムが「GF35−70mm F4.5−5.6 WR」を発表

富士フイルムが9月2日の「X Summit PRIME 2021」で「GF35−70mm F4.5−5.6 WR」を発表しました。

2021年11月に発売予定とのことです。使用頻度の高い広角35mm-標準70mm(35mm判換算:28mm-55mm相当)の焦点距離を持ち、幅広いシーンで高画質撮影が可能なレンズです。
   

「GFレンズ」のズームタイプとして最小・最軽量を実現し、優れた携帯性を備えており、今後のGFXシリーズの主レンズとなりそうですね!

スペック紹介

型番GF35−70mm F4.5−5.6 WR
レンズ構成9群11枚
非球面レンズ1枚
EDレンズ2枚
焦点距離f=35−70mm(28−55mm)
画角76°-42.7°
最大口径比開放絞りF4.5−5.6
最小絞りF32
絞り羽根9枚 円形絞り
1/3ステップ
撮影距離範囲35cm〜♾
最大撮影倍率0.28倍(T端)
サイズØ84.9mm×73.9mm(沈胴時)
重さ390g
フィルターサイズØ62mm
同梱品レンズキャップFLCP-62
レンズリアキャップRLCP-002
レンズフード
レンズポーチ

外観

最新カメラ情報はコチラ!

最新情報をチェックしよう!