【噂】2021年3月までに、富士フイルムから4本のレンズが登場する!

FujiRumorsに2021年の3月までに登場する4本のレンズの【噂】が公開されてます。

現時点でわかってる情報はこちらです。

  • 「XF 70-300mm F4-5.6」
  • 「XF 50mm F1」
  • 「XF 27mm F2.8 R」(Mark Ⅱ)
  • Xマウントレンズ Mark Ⅱ

まず発表されそうなレンズは?

  • 「XF 70-300mm F4-5.6」
  • 「XF 50mm F1」

この2本のレンズは先に発表されるのではないかと思われます。

2021年の3月までに4本のレンズが発表されると言われており、その中でもこの2本のリーク情報が早かったことからこのような予測がたてられます。

あっ個人的な見解ですので、鵜呑みにしないでね。

では、順番に解説を。

「XF 70-300mm F4-5.6」

少し前になりますが、当ブログでも「XF 70−300mm」の望遠ズームレンズについて紹介しました。

F4-5.6であることから、携帯性を重要視したレンズになることが予想されます。

「XF 100−400mm F4.5−5.6」と「XF 55−200mm F3.5-4.8」のちょうど中間のサイズになるのかな?

画角的にもアウトドアで活躍しそうなので、ちょうどいいサイズに落ち着いてくれることを願うばかりですね。

「XF 50mm F1」

元々は「XF 33mm F1」の開発計画がありました。

しかし、開発段階でレンズが15枚にもなり、重量は 1.3kg!

その重量から三脚座が備わるまでになりました。

さすがに、 1.3kgのレンズをつけてスナップ撮影はきついですね(汗)

そこで、焦点距離を「50mm」に変更し900gを下回る重量で製品化を目指すということは以前からあった話です。

そして、今ここで「XF 50mm F1」の【噂】が出てきたことでさらに現実味が帯びてきました。

F1で撮る世界ってどんな感じなんだろ?

残りの2本のレンズはリニューアルされたMark Ⅱレンズ!?

既存のレンズのMark Ⅱバージョンである可能性があります。

「XF 27mm F2.8」がリニューアルされ「XF 27mm F2.8 R」となる【噂】が有力候補に挙がっています。

「XF 27mm F2.8 R」

世界中のいくつかの販売店で掲載されているようですが、誤って掲載された可能性もあり確実とはいいがたいです。

しかしこの画像を見てしまうと期待してしまいますよね。

「 XF 27mm F2.8」に「R」(リング)が追加された本レンズ。

「R」とは絞りリングの略語ですので、「XF 27mm F2.8」を使っていたユーザーにとっては待ちに待った待望のレンズではないでしょうか?

「XF 27mm F2.8」は2013年に登場したものであるので、Mark Ⅱが登場してもおかしくはないと思います。

もう 1本は今のところ不明

信憑性は低いかもしれませんが、過去に「XF 18mm F2」のモデルチェンジが【噂】されていたらしいです。

もしかしたら、それかもしれないですし、そうじゃないかもしれません。

また追加で情報が出て次第、ブログ内で報告します。

マクロレンズが追加とかになれば、マクロレンズ好きの僕にとってはかなり嬉しいですね。

あなたはどのレンズをモデルチェンジして欲しいですか?

まとめ

2021年の3月までに4本のレンズが登場することは確定ではないにしろ、かなり有力でありますので、期待して待っていて大丈夫でしょう。

あとはやっぱり、画角ではなく「価格」ですよね。

どれだけ魅力的なレンズが登場しても、先立つものがなければ購入できませんので(汗)

先日「X100V」を購入した僕にとってはかなりキツイ懐事情です。

でも、やっぱりレンズ欲しいなー!

最新情報をチェックしよう!