FUJIFILM X-S10 vs Sonyα6400

DP Review TVは、FUJIFILM X-S10とSONY α6400の比較を投稿しています。

勝者は当然の結果となりましたが、要約は次の通りです。
 

操作性

  • SONY α6400のメニューはひどいです。グリップはあります。録音ボタンがひどい位置にあります。悪いタッチインターフェイス。でもコンパクトです。
  • SONY α6400は富士フイルムX-S10よりも小さいですが、X-S10はコンパクトで素晴らしいグリップです。2本指で操作ができるコントロールダイヤルがついています。ジョイスティックがあります。

ディスプレイ

  • X-S10はより高解像度のディスプレイを備えたバリアアングル構造。EVFはナイスです。
  • α6400は低解像度のディスプレイとチルト液晶
  • EVF解像度は同じですが、α6400のリフレッシュレートが高くなります

オートフォーカス

  • 富士フイルムはAF技術で非常に遠くに来ました
  • ソニーはリアルタイムのAF追跡を搭載。ユーザーはさまざまなモードをいじりたくない
  • X-S10では、AFボックスを被写体に置くと、追跡を続けます。
  • (富士フイルムは顔/目と被写体の追跡を自動的に切り替えます。DPReview TVはそれについては知らないと思います。FujiRumorsはそれがどのように機能するかをここで示します)
  • ソニーは顔/視線追跡でより良いヒット率を持っています。

画質

  • 富士フイルムにはさらに2ギガピクセルの素晴らしいフィルムシミュレーションがあります
  • 富士フイルムセンサーは非常に高度で、ローリングシャッターがほとんどなく、非常に高速にスキャンします。X-S10の電子シャッターは遥かに優れています。

ビデオ

  • X-S10は、1080p/240fpsと非常に優れています(ソニーはできません)。X-S10にはヘッドフォンジャックオプションがありますが、SONY α6400にはありません
  • SONY α6400にはボディ内手ブレ補正がなく、X-S10にはボディ内手ブレ補正があります
  • α6400は素晴らしいビデオトラッキングAFを備えています
  • SONY α6600にはボディ内手ブレ補正とヘッドフォンジャックがありますが、それは別の価格です
  • X-S10はボディ内手ブレ補正と低価格を備えています

バッテリー寿命

  • SONY α6400はより良いバッテリー寿命を持っています
  • X-S10のバッテリーはより速く消耗しますが、カメラの最新のUSBーCポートを介してバッテリーをより速く充電することもできます。

レンズ

  • 富士フイルムは幅広いレンズがあります。富士フイルムにはすでに独自のガラスでカバーされている多くのニーズがあるため、サードパーティはXマウントをあまり重要視していません
  • ソニーは素晴らしいAPS-Cレンズを持っており、タムロンとシグマはソニーのEマウントシステムのためにたくさんの素晴らしいプライムとズームを作りました

結論

富士フイルム X-S10は、多くのカテゴリーで優勝した素晴らしいカメラという結果が出ましたね。

カメラの発売時期が異なるため、厳密な比較とは言い難いですが、価格的に見ればいい比較だと思います。

やっぱ富士フイルム X-S10はコスパいいですね!
 

最新情報をチェックしよう!