富士フイルムの高級コンデジ「X100V」をレビュー!

富士フィルムの高級コンパクトデジタルカメラ「X100V」を購入しました。

悩むくらいなら買ってしまえ!ということで勢いで購入してきました。!

この美しいフォルム!最高じゃないですか?

では、ファーストインプレッションをご覧ください!

X100Vのファーストインプレッション

FUJIFILM X100V

裏面照射型構造を採用したセンサー「X-Trans COMS 4」、高速処理映像エンジン「X-Processor 4」と上位機種と同等のスペックを有しているため、物足りなさなど一切感じさせません!
 

FUJIFILM X100V

初代以来、初めてレンズに手が加えられました。「SUPER EBC f=23mm 1:2 Ⅱ」の名が与えられています。

旧型のレンズは絞りで描写の変化を楽しめる銘レンズでしたが、Ⅱ型となりキリッとした写りとなるみたいです。楽しみですね、早く写真撮りたい!

FUJIFILM X100V

液晶はシリーズ初のチルト式を作用。

タッチパネルにも対応し、直感的な操作が可能に!

側面から見ると液晶部分の出っ張りが全くなく液晶一体型なのかな?と思うほどの完成度。

液晶部と本体との一体感が増したことにより、美しさに磨きがかかっています。
 

FUJIFILM X100V

操作系はすべて右側に集約されています。

先代からの変更点は、シャッターダイヤルにあります。

「ビルトインISOダイヤル」を上げるとカチッとロックされるため、先代ユーザーにとっては痒いところに手が届く改善点となっています。

物作りの成熟度が上がっていることがわかりますね。
 

FUJIFILM X100V

EVFは236万ドット→369万ドットへ性能がアップし、「X-Pro3」と同じ解像度となりました。

OVFとEVFを切り替えられる「ハイブリッドファインダー」は使ってみると感動しますね。
 

FUJIFILM X100V

軍艦部の角処理がよりフラットになってエッジ効いたデザインに。

先代よりマット感が増して高級感が高まりました。
 

FUJIFILM X100V
FUJIFILM X100V

フィルムシュミレーションはX-Pro3で搭載された「CLASSIC Neg.」とX-T3で搭載された「ETERNA」も搭載されてます。

X-T4から搭載された「ETERNA ブリーチバイパス」は搭載されていません。

早く写真撮りに行って「ETERNA」を体験したいです。

X100シリーズの歴史

コンデジでありながら、APS-Cセンサーを搭載したコアなファンも多いX100シリーズ。

他メーカーのユーザーでも、「X100シリーズ」は持っていることも多く、その人気の高さは富士フィルムだけで収まりません。

  • X100(2011年3月)
  • X100S(2013年2月)
  • X100T(2014年11月)
  • X100F(2017年2月)
  • X100V(2020年2月)←NEW

5代目であり、性能面だけでなく機能面もしっかりと成熟しています。

スペック

カメラ名X100V
有効画素数約2610万画素
撮像素子APS-C
X-Trans CMOS 4センサー
原色フィルター採用
焦点距離23mm(35mm換算:約35mm)
単焦点レンズ
F値F2.0~F16
9枚羽根
ISO値ISO80~51200
レンズ構成6群8枚(非球面2枚)
NDフィルター4段分あり
撮影可能範囲約10cm~∞
コンバージョンレンズワイド、テレ、OFF
デジタルコンバーター35mm(通常)、50mm、70mm
35mm換算表記
露出補正-5.0EV~+5.0EV
シャッター方式レンズシャッター方式
メカニカルシャッターPモード:4秒~1/4000秒
Aモード:30秒~1/4000秒
S/Mモード:15分~1/4000秒
バルブ:最長60分
電子シャッターPモード:4秒~1/32000秒
Aモード:30秒~1/32000秒
S/Mモード:15分~1/32000秒
バルブ:1秒固定
メカニカル+電子シャッターPモード:4秒~1/32000秒
Aモード:30秒~1/32000秒
S/Mモード:15分~1/32000秒
バルブ:最長60分
連射性能
11コマ/秒
メカニカルシャッター最大値
連続記録枚数
JPEG:38枚
可逆圧縮RAW:17枚
非圧縮RAW:17枚
モードシングルAF
コンティニュアスAF/MF(リング回転式)
AF方式インテリジェントハイブリッドAF
TTLコントラストAF/位相差AF
低輝度性能コントラスト:-2.0EV
位相差:-5.0EV
AFフレーム選択シングルフォーカスAF
  13✕9/25✕17のエリア選択
ゾーンAF
  13✕9の117エリアより3✕3/5✕5/7✕7
ワイド/トラッキングAF
  多点表示(最大18点)
  ※AF-S:ワイド/AF-C:トラッキング
オール
ホワイトバランスシーン自動認識オート
カスタム1~3
色温度(ケルビン値)選択(2500K~10000K)
プリセット(晴れ/日陰/蛍光灯1/蛍光灯2/蛍光灯3/電球/水中)
セルフタイマー10秒/2秒
インターバルタイマー撮影あり
撮影間隔、撮影回数、開始時刻設定
(撮影枚数上限なし)

X100Vの周辺アクセサリー

実際に購入してレビュー記事を書きましたのでぜひ見てください。

 

男性によっては、X100Vが小さくて小指がはみ出て悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そんな時は「ハンドグリップ」を使ってみてはいかがでしょうか?

サードパーティ製ですが、純正?と錯覚するくらい違和感ありません。

お値段も5,000円以下なのでお手頃です!

純正のレンズフィルターやレンズフードが現在品薄状態にあります。

そこでオススメしたいのは、NiSiが発売されているUVフィルター。

アダプターを必要とせず直接装着可能。

そして、その上から純正のレンズキャップをはめることができるので、買って損なしの自信を持ってオススメできるアイテムです。

ちょっとだけ作例

家の周辺を少しだけ散歩がてら撮ってきました。

あまり参考にならないかもですが(汗)

ミラーレス一眼をメインに使っているので、OVFで撮る感覚は久しぶりで高まりました。

すべて撮って出しです。

-オススメの作例記事-

コロナ自粛のため「お家フォト」を撮ってみました。

「家にあるものをカッコよく撮る」をテーマに写真を撮りました。

 

コロナも落ち着き非常事態宣言が解除されたので、梅田でスナップ写真を撮りに行ってきました。

フィルムシュミレーション「ETERNA」マジ最高!これはハマる!

ずっと撮りたかった構図も撮ることができて満足でしたし、なによりレンジファンダーでOVFとEVFを切り替えできるのが良かったです。

写真を撮る楽しさを改めて気づいた撮影でもありました。

まとめ

USB-Cを搭載しているので、充電もかなり楽になりました。

モバイルバッテリーからも給電できるので、万が一の時も安心ですね。

購入して間もないため、今のところ満足点しかありません。

しばらく使っていると気になる点もでてくるかと思います。

そのときは、また記事にします。

-結論-

買って正解でした!

最新情報をチェックしよう!