X-T4とX-T2を徹底比較!作例と動画レビューあり。

2月26日に富士フィルムから「X-T4」が正式に発表されましたね。

公式サイトも公開されました。

「X-T4」の登場により、前モデルから買い替えを検討している人も多いのではないでしょうか?

特に「X-T2」ユーザーの方は、喉から手が出るほど欲しいはず。

僕もその1人だったりします。

では、徹底的に比較していきましょう!

作例と動画レビュー

公式サイトで「X-T4」の作例が掲載されています!

ギズモード・ジャパンで先行ハンズオン動画公開されています!
気になっている人はチェック必須です!

「X-T4」と「X-T2」を徹底比較!

商品名FUJIFILM X-T4FUJIFILM X-T2
発売日2020年4月2017年9月8日
有効画素数約2610万画素約2430万画素
撮像素子APS-Cセンサー
X-Trans CMOS 4 センサー
原色フィルター採用
APS-Cセンサー
X Trans CMOS Ⅲセンサー
原色フィルター採用
記録メディアSDメモリーカード(~2GB)
SDHCメモリーカード(~32GB)
SDXCメモリーカード(~512GB)

UHS-Ⅰ/UHS-Ⅱ 対応
SDメモリーカード(~2GB)
SDHCメモリーカード(~32GB)
SDXCメモリーカード(~256GB)

UHS-Ⅰ対応
記録画素数 L<3:2>6240×4160
<16:9>6240×3512
<1:1>4160×4160
<3:2>6000×4000
<16:9>6000×3376
<1:1>4000×4000
記録画素数 M<3:2> 4416×2944
<16:9> 4416×2488
<1:1> 2944×2944
<3:2> 4240×2832
<16:9> 4240×2384
<1:1> 2832×2832
記録画素数 S<3:2> 3120×2080
<16:9> 3120×1760
<1:1> 2080×2080
<3:2> 3008×2000
<16:9> 3008×1688
<1:1> 2000×2000
撮影感度標準 160~12800
拡張 80~51200
標準 200~12800
拡張 100~51200
測光方式TTL256分割測光
マルチ/スポット/アベレージ/中央重点
TTL256分割測光
マルチ/スポット/アベレージ/中央重点
露出制御P(プログラムAE)
A(絞り優先AE)
S(シャッタースピード優先AE)
M(マニュアル露出)
P(プログラムAE)
A(絞り優先AE)
S(シャッタースピード優先AE)
M(マニュアル露出)
露出補正-5.0EV~+5.0EV
1/3EVステップ
(動画撮影時は-2.0EV~+2.0EV)
-5.0EV~+5.0EV
1/3EVステップ
(動画撮影時は-2.0EV~+2.0EV 1/3EVステップ)
手ブレ補正補正機構:センサーシフト方式5軸補正
補正段階:最大6.5段
電子防振:あり(動画のみ)
ブレ防止ブースト:あり(動画のみ)
手ブレ補正機能付きレンズで対応
シャッター形式電磁制御式縦走り
フォーカルプレーンシャッター
電磁制御式縦走り
フォーカルプレーンシャッター
メカニカルシャッターPモード:4秒~8000秒
Aモード:30秒~1/8000秒
S/Mモード:15分~1/8000秒
バルブ:最長60分
Pモード:4秒~1/8000秒
Aモード:30秒~1/8000秒
TIME:15分~1/8000秒
バルブ: 最長60分
電子シャッターPモード:4秒~1/32000秒
Aモード:30秒~1/32000秒
S/Mモード:15分~1/32000秒
バルブ:1秒固定
P/A/S/Mモード:1秒~1/32000秒
TIME:15分~1/32000秒
バルブ: 1秒固定
電子先幕シャッターPモード:4秒~1/8000秒
Aモード:30秒~1/8000秒
S/Mモード:15分~1/8000秒
バルブ: 最長60分
メカニカル+電子シャッター Pモード:4秒~1/32000秒
Aモード:30秒~1/32000秒
S/Mモード:15分~1/32000秒
バルブ: 最長60分
Pモード:4秒~1/32000秒
Aモード:30秒~1/32000秒
TIME:15分~1/32000秒
バルブ:最長60分
電子先幕+メカニカルPモード:4秒~1/8000秒
Aモード:30秒~1/32000秒
S/Mモード:15分~1/32000秒
バルブ: 60分
電子先幕+メカニカル+電子 Pモード:4秒~1/32000秒
Aモード:30秒~1/32000秒
S/Mモード:15分~1/32000秒
バルブ: 最長60分
※電子先幕の高速シャッターの上限は1/2000秒
 メカニカルの高速シャッターの上限は1/8000秒
動画FHD:1/8000秒~1/4秒
DCI4K/4K:1/8000秒~1/24秒
フレームレートによって異なる
フラッシュ同調速度1/250秒以下1/250秒以下
ブラケティング
・AE(枚数:2,3,5,7,9 1/3段刻みで±3段まで)
・フィルムシミュレーション(3種類選択可能)
・ダイナミックレンジ(100%/200%/400%)
・ISO感度(±1/3EV/±2/3EV/±1EV)
・ホワイトバランス(±1/±2/±3)
・フォーカス(オート、マニュアル)
・AE(±3EV/±2EV/±5/3EV/±4/3EV/±1EV/±2/3EV/±1/3EV)
・フィルムシミュレーション(3種類選択可能)
・ダイナミックレンジ(100%/200%/400%)
・ISO感度(±1/3EV/±2/3EV/±1EV)
・ホワイトバランス(±1/±2/±3)
・フォーカス(オート、マニュアル)
フォーカス
モード
シングルAF
コンティニュアスAF/MF
(レンズ回転式)
シングルAF
コンティニュアスAF/ MF
(レンズ回転式)
フォーカス
AF方式
インテリジェントハイブリッドAF(TTLコントラストAF/位相差AF) インテリジェントハイブリッドAF(TTLコントラストAF/TTL位相差AF)、AF補助光付き
フォーカス
低輝度性能
コントラスト -3.0EV(XF35mmF1.4装着時) 位相差 -6.0EV(XF35mmF1.4装着時)
フォーカス
AFフレーム選択
・シングルポイントAF
EVF/LCD:13✕9/25✕17のエリア選択(フォーカス粋サイズ可変)
・ゾーンAF
13×9の117エリアより3✕3/5✕5/7✕7選択
・ワイド/トラッキングAF
※AF-S:ワイド/AF-C:トラッキング
・シングルポイントAF
13✕7/25✕13のエリア選択(フォーカス粋サイズ可変)
・ゾーンAF
13×7の91エリアより3✕3/5✕5/7✕7選択
・ワイド/トラッキングAF
多点表示(最大18点)
※AF-S:ワイド/AF-C:トラッキング
ホワイトバランスオート(ホワイト優先/AUTO/雰囲気優先)
カスタム1~3
色温度(ケルビン値)選択(2500K~10000K)
プリセット(晴れ/日陰/蛍光灯1/蛍光灯2/蛍光灯3/電球/水中)
シーン自動認識オート
カスタム
色温度(ケルビン値)選択(2500K~10000K)
プリセット(晴れ/日陰/昼光色蛍光灯/昼白色蛍光灯/白色蛍光灯/電球/水中)
セルフタイマー10秒/2秒10秒/2秒
インターバルタイマー撮影あり
撮影間隔、撮影回数、開始時刻設定
あり
撮影間隔、撮影回数、開始時刻設定
フラッシュ・同調モード
先幕/後幕/AUTO FP
・発光モード
EF-X8使用時
TTL(フラッシュ発光オート/スタンダード/スローシングル)
マニュアル/コマンダー/OFF

クリップオンフラッシュ使用時
TTL(フラッシュ発光オート/スタンダード/スローシングル)
マニュアル/MULTI/OFF
・同調モード
先幕/後幕/AUTO FP
・発光モード
TTL(フラッシュ発光オート/スタンダード/スローシングル)
マニュアル/コマンダー/OFF
アクセサリーシューあり
TTLフラッシュ対応
あり
TTLフラッシュ対応
ファインダー0.5型有機ELファインダ-
約369万ドット(視野率約100%)
ファインダー倍率:0.75倍
対角視野:約38°(水平視野:約30°)
アイセンサー付き
0.5型有機ELファインダ-
約269万ドット(視野率約100%)
ファインダー倍率:0.77倍
対角視野:約38°(水平視野:約31°)
アイセンサー付き
液晶モニター3.0型 3:2アスペクト
バリアングル式
タッチパネル付き
TFTカラー液晶モニター
約162万ドット
3.0型 3:2アスペクト
3方向チルト式
TFTカラー液晶モニター
約104万ドット
フィルムシミュレーション18モード
PROVIA/スタンダード、Velvia/ビビット、ASTIA/ソフト
クラシッククローム、PRO Neg.Hi、PRO Neg.Std、モノクロ
モノクロ+Yeフィルター、モノクロ+Rフィルター、モノクロ+Gフィルター
セピア、ACROS、ACROS+Yeフィルター、ACROS+Rフィルター
ACROS+Gフィルター、ETERNA/シネマ、クラシックネガ
ETERNAブリーチバイパス、モノクロームカラー
15モード
PROVIA/スタンダード、Velvia/ビビット、ASTIA/ソフト
クラシッククローム、PRO Neg.Hi、PRO Neg.Std、モノクロ
モノクロ+Yeフィルター、モノクロ+Rフィルター、モノクロ+Gフィルター
セピア、ACROS、ACROS+Yeフィルター、ACROS+Rフィルター
ACROS+Gフィルター
明瞭度±5段階
HDR合成AUTO、200%、400%、800%、800%+
グレイン・エフェクト強度:強、弱、OFF
粒度:大、小
カラークローム・エフェクト強、弱、OFF
カラークローム ブルー強、弱、OFF
ダイナミックレンジ設定静止画:AUTO、100%、200%、400%
ISO感度制限
DR100%:制限なし、DR200%:ISO320以上、DR400%:ISO640以上
動画:100%、200%、400%
ISO感度制限
DR100%:制限なし、DR200%:ISO320以上、DR400%:ISO640以上
AUTO、100%、200%、400%
ISO感度制限
DR100%:制限なし、DR200%:ISO400以上、DR400%:ISO800以上
アドバンストフィルタートイカメラ、ミニチュア、ポップカラー、ハイキー、ローキー、ダイナミックトーン、ソフトフォーカス
パートカラー(レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープル)
トイカメラ、ミニチュア、ポップカラー、ハイキー、ローキー、ダイナミックトーン、ソフトフォーカス
パートカラー(レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープル)
Bluetooth
出入力端子USB Type-C (USB3.2 Gen1×1)
HDMIマイクロ端子(Type D)
3.5mmステレオミニジャック(マイク用)
USB3.0 マイクロB端子
HDMIマイクロ端子(Type D)
3.5mmステレオミニジャック(マイク用)
電源充電式バッテリーNP-W235
静止画:600枚(エコノミーモード)、500枚(ノーマルモード)

動画(顔検出OFF)
4K:約85分
FULL HD:約95分
充電式バッテリーNP-W126S
静止画:約340枚(ノーマルモード)

動画(顔検出OFF)
4K:約40分
FULL HD:約50分
重量約607g(バッテリー、SDカード含む)
約526g(バッテリー、SDカード含まず)
約507g(バッテリー、SDカード含む)
約457g(バッテリー、SDカード含まず)
動作環境温度:-10℃~+40℃
湿度:10%~80%
結露しないこと
温度:-10℃~+40℃
湿度:10%~80%
結露しないこと
起動時間約0.39秒約0.3秒

欲しいと思わないわけがない!

「X-T2」ユーザーの皆様いかがでしたでしょうか?

ボディ内手ブレ補正が搭載され、バリアングル液晶に変更となったことで他社メーカーにも負けないくらいの実用性の高さを手に入れましたね。

純正の単焦点レンズには手ブレ補正が搭載されていません。しかし、ボディ内手ブレ補正が搭載されたことで、どんなレンズでも手ブレ補正付きとなるのです。

ということは、どのオールドレンズでも手ブレ補正が付きレンズになる!

買い替えたくなりますよねー!

FUJIFILMは罪なメーカーだね!

最新情報をチェックしよう!