【写真スポット】淡路の名所『鮎屋の滝』|夏にはホタルも飛び交う自然豊かなスポット!

どうもけすけ(@5Tlend)です。

大阪・兵庫・京都の緊急事態宣言が継続中で、梅雨のシーズンに入り、写真を撮りに行くのが中々難しい日が続いています(泣)

今回は淡路島の最近知名度が上がってきた名所「鮎屋の滝」を紹介していきます!

写真は過去にNikon D5500で撮影した過去写真です。

鮎屋の滝

鮎屋の滝

まずはこちらの1枚。

すでに絶景!

総落差は14.5mと小ぶりな滝ですが、臨場感が盛り盛りです。
  

鮎屋の滝

滝の水は川になり、淡路の町へ流れて玉ねぎの栄養となります(笑)
  

鮎屋の滝

うっすら青みがかかっているのは、水が綺麗だからなのかな?

水が澄んでいる滝によく見られる現象ですね。
  

鮎屋の滝

ベストショットいただきました!

自分は滝やこう言う自然を撮影する時に、意識していることがあります。

水量は多めなので、少しの露光時間でもこんなにも綺麗な写真が撮れました!(自画自賛)

本日のベストショット

鮎屋の滝

ベストショットはもちろんこの1枚ですね。

滝だけでなく、自然を周囲の環境も含めていい1枚が撮れたと思います。

ホタルも飛び交う滝!

淡路島の隠れ名所はいかがでしたでしょうか?

写真は少なめでしたが、これくらいの方が読みやすいのでしょうか??

『鮎屋の滝』は、夏にホタルが飛び交うほど澄んだ水源があり、コロナが落ち着いたらぜひとも行きたいスポットですが、今年の夏は難しいそうですね(汗)

写真を撮るときのポイント!

唐突ですが、僕は自然風景を撮るときに意識していることがあります。

それは「雑誌の表紙を飾れる」写真を撮ることです!

今まで雑誌に取り上げられたことはないんですけど、自分の写真を見て「ココに行きたい!」と思ってもらえるような写真が撮れるようにいつも意識して撮影しています。

どこかのメディアで取り上げてもらえないかな(笑)

使用したカメラ

Nikon D5500

AF-S DX 18-55mm f/3.5-5.6G VRII

最新情報をチェックしよう!